酒とバラの日々…毎日がそうありたいですね


by harumi-N-mama

十年以上昔の話

友人O♂のお宅訪問?に行った。
奥様がにこやかに迎えてくれ、楽しく歓談、数時間。
それから、駅まで送ってもらい、帰った。
それだけだったが、後日談。

友の妻「あなた、あの女性の事、好きなんでしょ?」
友人O「え?」
妻「見てたらわかるわ。いいんじゃない?私、あの人だったら許せるわ。あの人だったら、いい。しょうもない女だったら逆にあなたを軽蔑しちゃう。というか、あなた!あのヒトを落とせなかったらあなたがたいした事無いしカッコ悪いわよ」

と、妙なハッパをかけられた、と聞いた。

その友人Oが、私のことを憎からず思っていた事は彼から言われていた。
奥様は
「浮気もできない甲斐性なしはカッコ悪い」
と豪語している女性だというのも聞いて知っていた。

でも、申し訳ないけど。。。。彼に男性としての魅力を感じたことは無かったので、そこんとこはゴメン!って感じだった(^o^;
彼には見習うべきところがたくさんあり、尊敬もできる友人の一人でもある(今も付き合いがないわけではない)。

せっかく奥様から天下御免の免罪符をいただいたのに、お役に立てなくて悪かったかも、という気持ちはあったりするケド。

だけどさ、私が一番でないとわかっててスタートする恋愛なんて、イヤ。
そんなの、自分のプライドが許さない。

二番手、三番手でもいい、と、そこまで思える男性なら、浮気相手に甘んじて悪くないかも?とは思うけれど。
まぁ、そんな殿方に出会ってみたいわ。(怖いもの見たさ的興味)

浮気は仕掛けたほうが問題で、受け手にはあまり罪はないと思う。
だって恋に堕ちてしまったら、どうしようもない。
人の気持ちに戸は立てられない。

こんなの、主観以外のナニモノでもないですが。


Key姐さまとこの記事を読み、ふと、「浮気」に関してのアレコレを。。。。

浮気ネタ、次号に続く。
ネタは一杯あるので♪
[PR]
by harumi-N-mama | 2010-10-15 05:22