酒とバラの日々…毎日がそうありたいですね


by harumi-N-mama

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

子どもの頃の愛読書(?)が『科学系の本』と『百科事典』が主だった私にとって、なんとも魅力的な催事『ダーウィン展』。

行く気マンマンで6月下旬には前売りチケットを購入。
ところが。
購入した事にすっかり安心し、タイミングを逸してしまい、結局最終日に行く羽目に(>_<)

こういうの、最終日とかって、混むのよね…。
しかも。
向かう途中で、雨まで降ってきた(苦笑)
公園内にある博物館。雨宿りを兼ねて入館した人も何%かはいるやもしれない^^;
人が多すぎ、入館制限までしてるし。。。。。

でも、さすがダーウィン。
年齢層、幅広っ!
更には国際色、豊か♪

しかし…。
『進化論』『ビーグル号』『ガラパゴスの動物』&etc、私は一般的なことしか知らず、だからこそ面白かったともいえるのだが、Wedgwood家と縁戚で、しかもWedgwood家の従姉妹と結婚した、という、彼に関する本でも読んでいれば大概知っているであろうはずの事も知らなかったので、展示以外の部分でも大変楽しめた(*^_^*)

他にも、昔、百科事典で見たようなモノとか(懐かしい)、触ってもOKの化石とか(子どもじみた趣味?)、タッチパネルのクイズとか(クイズ大好き♪)、なんだかんだ言いながら一通り楽しんでしまったヽ(^。^)ノ♪

何でも『予め知っている方が良い』というモンでもないかもしれない♪

だけど、閉口したのは人の多さ(>_<)
もっとゆっくり、観て廻りたかったナ。←自分が最終日に行ったことは棚上げか!?(w

会場出口に着いた時、それまで傘袋に入れて持っていたハズの傘を会場内で落としてしまったらしいことに、気付く。
出口の案内所(?)に確認したが届いていなかった。
では、もう一度、会場に引き返し探そう!となったのだが、
「ちょっと御手洗いに…」
と、お花畑(w へ。
その間に、出口に届いたらしい、傘\(^o^)/♪
すれ違いにならず、良かったぁ♪
まだ、雨、降ってるし^^;

一緒に行ってくれた甥(高2)と姪(中2)に感謝。
彼らは私ほど楽しんではいなかったように思えてならない。
わかる部分は解説してあげたケド、退屈な思いさせたなら悪かったナ(__;)←チョット反省

観終えてから、博物館1Fにて、『植物相談』のコーナー(常設みたいだった)を発見し、嬉しがって思わず相談窓口へ。
「ウチのワイルドストロベリーちゃんが最近元気がないので…」
という内容で…^^;
窓口のおじさま(オジイチャマ?)が解りやすく丁寧に教えて下さったので、とってもありがたく、嬉しかった(*^。^*)♪
ヨッシャ!!コレでばっちり、元気なベリーちゃんを育てちゃる(*^^)v
可愛く育ったらまたUPしよう、っと♪

…その後、マックでおやつタイム、帰途へ。
そして解散!
…のはずだったが、夕食をウチで、という話になってしまい、買い物に行き、3人で帰宅(^_^;)

この子たち、生野菜がキライで食べないから、生野菜が大好きな私とは趣味が合わん(-_-;)

今夜のめにぅ

・鯵のマリネ・ひとくちチーズオムレツデミソースかけ・ごぼうのマヨサラダ の前菜(?)3種盛り
・トマトシチ(ボルシチとミネストローネの中間みたいの)
・クラゲの酢の物(ナンデだ?w)

中坊女子は、私が食事の支度をしているのをいいことに、アチコチの部屋を探検し始める。
「このメモはなんの意味?」と仕事のメモを持ってきたり、
「(クローゼットを開け) わ~!スーツがいっぱい♪」
「(ジュエリーケースを開け、薬指に指輪を着け) 結婚しちゃいましたぁ♪」
「この楽器、触っても、いい?」
ひとりで楽しんでくれるのは良いが…ヤカマシイ(-_-;)

甥は「何か手伝おうか?」
と聞いてきたので、「ニンジンの泥を落としてもらえる?」トカを頼み、キッチンに並んで作業(?)していた。ナンカ楽しい(*^。^*)♪

出来上がった料理を二人に運んでもらい、食事。
平和だな~♪
と、思っていたのも束の間、そろそろ帰さなきゃ、という時間になったのに、雷雨が激しくなる。
暫く考え、「ウチに泊まって、明日の朝、チョット早く起きることにする?」と、提案。
その旨、彼らのお家に電話する。
男子は「ヤラなアカンこともあるし…泊まりたいけど、帰る」
と帰宅することに。小降りになった時に私が送る。

その間、お嬢はお風呂入り、VTR観て、ゴキゲンさん。
「明日のお弁当も作ってあげようか?」
と、私が口を滑らせてしまい、ソレを彼女が超喜んだので、作らなアカン^^;

お弁当めにぅ(予定)
・チーズオムライス(晩のオムレツが美味しかったから、と、リクエスト)
・お豆&コーン&タマネギ&ツナのサラダ(あるモンでとにかく作るw)
・ミートボール(冷蔵庫にあったw)
・ロールキャベツ(晩の残りで作成w)
・ゴボウサラダ(思いっきり晩の残りw)
・シュウマイ(晩に作り忘れてたブツ)
・果物

「こんなんで良い?」と訊くと、「メッチャOK♪」と作る前から喜んでくれたので、ヨシとしよう(~_~;)

その彼女はすでに夢の中。
では…。そろそろ私も休むことと致しまするm(__)m
[PR]
by harumi-N-mama | 2008-09-22 01:04

香り

先日、タクシーを降りようとしたとき、運転手サンに呼び止められた。
「あのぅ…。失礼ですが伺ってもいいですか?」と。
「はい?何でしょう?」そう答える私に、返ってきたのは、
「香水、何をお使いなのかと…。乗ってこられた時からいい匂いだなと思っていたんです」
予想しなかった質問にビックリすると同時に、なんとなく、嬉しくなった。

匂いは好みがあるので、同じ香りでも「匂い」ではなく「臭い」になってしまう場合だって、ある。
一応、私だって女だし、「いい匂い」と言われれば、悪い気はしない。

最近、思い付きで、10年位前に姉からもらったものを使っている。
もらった時は、悪いとか嫌いな匂いとは思わなかったものの、チョット重たい&キツイ&しつこい香りだと感じたので、ほとんど使うことなく「コレクション」の一部となっていた。
それが、最近ではそう感じないので、メインユースのひとつとなっていたところだった。

さて、その翌日。

お客様から「店の中、ほんのり○○の匂い、する」と、言われ、思わず、
「私かも^^;もしかして、この匂いでは?」と、夕方にソレをつけた手首を差し出すと、
お客様:「ウン、これこれ(*^^)v♪ イイ匂い(^。^)♪」
  私 :「ありがとうございます♪でも、今私が傍にいるから匂いがするのじゃないかしら?
お客様:「ううん、店に入った時から匂いがしてたよ」
  私 :「え?それってもしや…つけすぎ!?やだ、ご免なさいm(__)m」
お客様:「そうじゃないと思う。ほのかに香る感じ。もしキツければ誰か苦情言うんじゃない?」

…てな会話がなされて、嬉しくある以上に、少々オッカナビックリの挙動不審になったその日の私。
だって、元々が「チョット重たい&キツイ&しつこい香り」と思っていただけに。

だけど、香りで気分が変わる。
自分の印象さえ変わるような気がする。

そして何より、この香りに変えてから、自信を持てるようになった。

目に見えるモノは大して、ない。
だけど、確かに変化を感じる。
確信などは、ない。
だけど、何某か力を感じる。

おまじないやゲンかつぎ、或いは思い込みに終ってしまわぬよう、「ナントナクいい感じ」の波を、今のうちバッチリつかまえて乗らなければ。

そう思った先週の私でありました。


☆おまけの余談☆

先日、赤ワインを飲む直前、判り易すぎるくらい思い切り「クチナシ」の香りがした。
スグ加州産と判る匂い(w
クチナシの香りが大好きな私はソレだけで超ゴキゲン♪ヽ(^。^)ノ♪
勿論、ワインも結構イケたのよ(*^^)v

クチナシの香りは、甘くせつない思いへと私を誘う…。そんなところが、好き♪
しかしながら、その「甘くせつない…」は実体験がナイ!(>_<)
それって、白昼夢よね(苦笑)
[PR]
by harumi-N-mama | 2008-09-08 03:55