酒とバラの日々…毎日がそうありたいですね


by harumi-N-mama

<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ルミナリエ

多分、10年ぶりに行ってきた。
b0131595_2585920.jpg

幸か不幸か?女性と一緒に行った事は、過去、無い。
ツレとかお客様とかばかりだと記憶している。

でもさ、コレって、「震災の被災者の鎮魂」と「街の復興」が目的で始められたイベントだったと記憶しているのだけど、違うのかな?

私は行くだびに必ず(小額だけど)募金に協力している。
今回はタマタマなのか?耳にしなかったけれど、「来年からできなくなるかも?なので、募金にご協力ください」
と、あちこちでアナウンスを聞いたことが過去、あったから。

確かに、悪いイベントではないと思う。
でも、内容の無いセレモニー的なものになっているだけなら、なくなってもいいんじゃないかな?とも思う。
全てを悪いとは思わないけれど、アチコチに出店が出て、単なる「お祭り」みたいな雰囲気で…ちょっと閉口。

始められた頃に比べ、期間は短くなり、来場者数は増加しているようである。
集客効果は良いイベントにはなっていると思う。
経済効果もあるのだろうと思われる。
主催者が継続のみならず、準備から催行期間終了まで尽力して頑張っていらっしゃるのはわかっている。

でも、このイベントの趣旨って、なに?

ところで。
私は知人、親類を震災で亡くしている。
関西の方のみならず、震災で被災なさった方の知人である、という方は少なくないと思う。

美しい光の競演。
あの輝きは、震災で失われた方々、その方たちの命の輝きを象徴しているように思われ、こみあげてくるものがあり、一瞬足が止まった。

今、自分の命があること、些細な不遇や不満は命あるからこそ、と、何に対してかはわからないまま、感謝の念を抱かずにはいられなかった。



偶々、所用で神戸に行った日、まだ開催していたから、行った。それだけのことだったのだけれど。
[PR]
by harumi-N-mama | 2009-12-15 03:27